スポーツ現場で使える35個のエクササイズ

スポーツ現場でトレーナーに求められることは大きく2つ。パフォーマンスアップと傷害予防です。
そのためには適切なコンディショニングとトレーニングを処方する必要があります。
このセミナーではパフォーマンスアップから傷害予防に効果的なコンディショニング方法とトレーニング方法を学んでいただけます。

様々なアプローチ方法がありますが、このセミナーでは特に必要とされる
『セルフリリース』『アクティブストレッチ』『コアスタビリティ』『ムーブメントエクササイズ』『ダイナミックコントロール』の5つの項目に特化してお伝えします。

5項目全35種のスタンダードエクササイズを学ぶことで様々なスポーツ現場で即実践できるスキルを身につけることができる内容です。
アスリートへの指導方法を学びたい、スポーツ現場での指導方法を学びたい方にオススメです。

【 セルフリリース 】

セルフリリースはストレッチではなかなか到達できない筋肉の深層部へのアプローチを可能にし、筋の柔軟性の向上、関節可動域の増大が見込めます。
また筋連鎖や筋走行に着目したコンディショニング方法なので誰もが安全に効果的に実施できます。
スポーツ現場で求められる疲労の軽減方法や傷害予防につながるテクニックです。

【 アクティブストレッチ 】

スポーツ現場での傷害予防、パフォーマンスアップのためには関節可動域を広げ、筋肉の柔軟性を向上させる事が必要です。
ただスポーツ現場では一般的に実施される静的なストレッチ指導だけではなく、
傷害予防とパフォーマンスアップに繋がる全身のアクティブストレッチが必要不可欠です。

【 コアスタビリティ 】

どのようなスポーツでも大切になるのは体幹の安定性を引き出すことです。身体がブレることでパフォーマンスの低下につながり、また傷害の原因ともなり得ます。
ここでは体幹部でも特に抗重力筋を中心にスタビライズさせ当たり負けしない体づくりにつながるエクササイズを学びます。

【 ムーブメントエクササイズ 】

鍛えた筋肉を飾りではなく、使える筋肉にするためには『動きを鍛える』必要があります。
この講義ではスポーツ現場で使える『動きを鍛える』ためのムーブメントエクササイズを実技を交えながらお伝えしていきます。
動きを鍛えることで傷害予防、傷害の再発防止、そしてパフォーマンスアップにまでつなげることが可能です。

【 ダイナミックコントロール 】

スポーツのパフォーマンスはパワーとスピードは必須です。
ただ速く、力任せに動かせばいいのではなく、正しく効率的にかつ速くダイナミックに動かす必要があります。ここでは上記4つのスタンダードエクササイズを統合しながらスピードとパワーを引き出す方法を習得します。

こんな方にオススメ

□ スポーツ現場のサポートをしたいセラピスト
□ アスリートのサポートをするトレーナー
□ 指導の幅を広げたいトレーナー
□ 中学、高校の部活動指導者
□ 怪我を予防する方法を学びたい人

ひとつでも当てはまる方にご受講いただきたい内容です。

セミナー日程

セミナータイトル開催日時間
詳細・お申込み
ハワイ大学解剖実習2024年
5月23日〜5月28日
申込締切
コアフォーストレーニング@東京2024年
6月23日
10:00-13:00⭕️
コンディショニングスタンダードセミナー@東京2024年
6月23日
13:30-19:30⭕️
コアフォーストレーニング@東京2024年
8月25日
10:00-13:005月27日より申込開始
コンディショニングスタンダードセミナー@東京2024年
8月25日
13:30-19:30⭕️

会場

東京会場

スタジオクオリタス渋谷桜丘
東京都渋谷区桜丘町4-14VORT渋谷桜丘2F
渋谷駅 徒歩8分

受講費

一 般:19,800円(税込)+テキスト代4,400円(税込)
トレーナーズアカデミープレミアム会員:15,400円(税込)+テキスト代3,300円(税込)

再受講

一 般:9,900円(税込)
トレーナーズアカデミープレミアム会員:3,850円(税込)

※テキストはご持参ください
※トレーナーズアカデミープレミアム会員についての詳細はこちら
※開催5日前からのキャンセルは、キャンセル料が100%発生します。